会社説明会、そして面接という一般的な流れがございます。私はあるあこがれの会社説明会に行った時、説明者の暗さに嫌気が指し、「こんな会社受けたくない」と思うことがございました。少し差し引いて考えてあげないと可愛そうだなぁと思うことは、そのリクルータ―も、大勢の学生が、一斉に集中してリクルーターを見ているので、慣れておらず、ドギマギして下を向いてしまっているのですね。でも、「元気のない人が集まる会社なんだろうな」と思ってしまいます。そこは我慢して面接にいくと、「こんな人たちと一緒に仕事するのか」という気持ちになることがございます。なんか、疲れている感じで、背広もヨレヨレ。多分、お仕事の合間に面接に来ていただいているのかとは思いますが、面接官の皆さんが全員そんな感じなので、「きっとこの会社は」と思いたくなりました。こういう例は極端だとしても、けっこう、社員さんを見ているうちに、面接していて嫌になってしまうことがあります。「何聞いてんだろう」「さっき言ったじゃない」「それ、禁句の表現。センスなし」。そういう場面に出くわすたびに、「ああ、自分もこの会社に入ると、この色に染まってしまうのかぁ」と思うと、すっかり会社員になる気が失せ、次の会社に向けて第一歩が踏みきれない、やるせない気持ちになります。せめて、面接のときくらい、夢のある話をしてほしいなぁとむ思います。でも、入った後に地獄が待っているのも困るんですけれどね。